ペン字講座と美文字

字が汚いとコンプレックスを感じている女性に…。

字が汚いとコンプレックスを感じている女性に…。

字が汚い事に対してコンプレックスを持っている女性は少なくありません。容姿端麗で仕事もバリバリできるのに、字を書いたら「・・・。」そんな事は少なくありません。

 

 

字が汚い理由

 

字が汚い事にはそれぞれ理由があるでしょう。幼少期から勉強はできたけど、字をきれいに書く事に対して意識がいかなかった・・・。このような人はとても多いです。高学歴者で字が汚い人はこの傾向があります。

 

ただし、『字が汚いから高学歴or高学歴だから字が汚い』というのは間違っていると思います。高学歴の人は学習能力が高いので、例えば小学校や中学校の先生が達筆であれば、少なくともきたない字にはならないと思います。

 

幼少期から現在まで、きれいな字に接して来なかった事が主な原因です。逆に言うと、きれいな字の人は書道教室だったり、小学校や中学校で綺麗な字の先生に触れる機会が多かったり、先生が文字に対して熱心だったことが考えられます。

 

字が汚い女性

 

字が汚い女性が悪いわけではありません。『字は人なり』と言っても、字が汚い事と人格は直接的に関係ありません。ただし、印象はどうしても悪くなります。

 

既に実感されている女性も多いかもしれませんが、字が汚い事で得する事はありません。特に容姿端麗で人格も優れている人が、汚い字を書くと悪い方のギャップが大きくなり、相手を落胆させる差が大きくなってしまいます。

 

しかも、それは男性よりも女性の方が顕著です。

 

コンプレックスは可能?

 

では、大人になってから字が汚いコンプレックスを解消する事は不可能なのでしょうか?幼少期から文字を練習していないと美文字にはなれないのでしょうか?

 

これは、大丈夫です。大人になっても汚い字のコンプレックスを解消して美文字を手に入れることが可能です。そこで、まず考えることが『ペン字通信講座』なのですが、『ペン字通信講座』を受講しても思うように上達しない人がいます。

 

効率的に上達する方法がある

 

『ペン字通信講座』を受講しても上達しない人は、練習しない人、添削を送らない人が挙げられます。また、一生懸命練習しているのに上達が遅い人がいます。

 

練習して上達する人と、上達しない人は『意識』の差があります。ペン字が綺麗になる事は、綺麗な字形を知り、自分でも書けるようになる事です。

 

この時に漠然と練習するのと、頭の中で「この文字はこの線が長くて、この払いが短めで、横画がここから出てきて」と考えながら練習るすのでは大きな差になります。

 

字が汚いとコンプレックスを感じている女性に…。

 

頭で意識しながら書く事に慣れてくると、お手本を見たとたんに字形の特徴を理解する事ができるようになります。もちろん上達スピードも速くなります。

 

字が汚いとコンプレックスを感じている女性には、2か月でいいので集中してペン字を学ぶことをおすすめします。文字は絶対に変わってきます。※添削はシッカリ受けてくださいね♪

トップへ戻る