筆ペンの書き方|特徴や使い方も解説記事一覧

筆ペンの持ち方をご紹介します。書道の毛筆の経験がある方は戸惑う事も無いでしょうが、筆ペン初心者は持ち方に悩むかもしれません。持ち方は毛筆と同じなのか?鉛筆と同じなのか?解説します。紹介する持ち方は、一般的に好ましいとされている持ち方で、「絶対にこの持ち方でなくてはならない」と言う訳ではありません。【単鉤法】と【双鉤法】書道の筆の持ち方には一般的に【単鉤法】【双鉤法】の2種類ががあります。【単鉤法】...

筆ペン初心者にありがちな事はすぐに疲れてしまう事です。肩がこったり、指がいたくなったり。これって力の入りすぎが原因です。ここでは筆ペンで上手に書く為の力の入れ具合についてご紹介します。筆ペンの正しい持ち方は特に決まりは無いのですが、以前まとめたのでこちらのページをご覧ください。⇒ 筆ペンの持ち方筆の角度筆は立てて書くと細い線が書けます。太い線を引くときは立てたまま少し圧を掛けます。これが基本で、上...

筆ペンで書く熨斗袋の書き方をご紹介します。お手本と言うよりも見本です。熨斗袋はサインペンで書くよりも筆ペンで書いた方が断然喜ばれますよね。筆ペン講座でも必ずカリキュラムに入っている熨斗袋です。熨斗袋の書き方2種類の熨斗袋熨斗袋を買うと、表題が入っている場合と、まっさらな場合があります。今回は、2種類書いてみます。※ここでの表題とは「御祝」「御礼」「寿」等の事を指しています。目印を付ける文字を書くと...

筆ペンで書く芳名帳の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なので、お手本にはしないでね。結婚式に招待された時、受付で芳名帳を書く際に筆ペンしか無い場合、焦りませんか?葬儀の場合、最近では芳名カードが主流になっているのであまり見かけませんが、結婚式の場合は芳名帳に記入する事が多いですよね。それはいくつか理由があるのですが、ここでは省略します。そんな芳名帳に書く際に焦らないようにしておきたいもので...

筆ペンでの行書の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細筆ペン、季節のお手紙風に適当に書いてみました。行書は気持ちいい書道の稽古は「楷書に始まり楷書に終わる」等と言いますが、この言葉は身に沁みます。筆ペンで書くときも、楷書が最も基本ですが、最も難しいと言えます。その点、行書の方が気持ちよく書く事ができます。簡単に言ってしまうと、楷書よりも...

筆ペンでの宛名書きの書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細と中字の2本。住所と名前で使い分けました。縦書き封筒と横書き封筒封筒のサイズは洋形1号と言って、結婚式の招待状を贈る際によく使われる標準サイズです。同じ封筒を縦と横の2種類書いてみました。今回はライトテーブルでテンプレートをトレースして書いていますが、ライトテーブルは一般的ではな...

宛名書きを書くときに必ず必要になる算用数字(アラビア数字)。筆ペンで普通に書くとなかなかうまく書けません。ここでは筆ペンで算用数字(アラビア数字)をきれいに書く、ちょっと特殊なテクニックをご紹介します。これから紹介する算用数字(アラビア数字)の書き方は誰に教わったわけでもなく、僕の方法です。僕は筆耕士と言う職業柄、数字は数えきれない程書いてきました。そんな中で自然と生み出された書き方です。通常に書...

筆ペンでアルファベット書く機会は決して多くはありません。しかし、宛名書きなどで、会社名、マンション名等をアルファベットを書く機会があります。大文字アルファベットの書き方は少し斜めに傾ける事が多いです。全体を同じ角度にやや右から左に傾けます。一般的な筆文字のように『トメ・ハネ・ハライ』は意識しません。小文字アルファベットの小文字も大文字と同様にやや傾けることが多いです。小文字は曲線が多いので、筆で書...

筆ペンの書き方の1つのコツとして、線の細太があります。つまり、一文字の中に細い線と太い線を混在させる事です。この線の細太は適当にやれば良いと言う訳でもなく、基本的には『横画は細く』『縦画は太く』というルールがあります。この書き方は筆ペンに限った事では無く、毛筆全般に言える事です。そう言えばこの線の細太ですが、どこかで見た事がありませんか?気が付いた方もいるかもしれませんが、一般的なフォントである【...

筆ペンの書き方のコツと言うか、文字をきれいに見せるコツとして、大きな要素に【均等】があります。均等とは、空間の均等、上下左右の均等などの事です。この均等を習得できれば、ほとんどの文字に応用が効くので、かなり字の上達が実感できます。大きさの均等文字を書く際に、まず考えるのは文字の均等です。例えば、名前欄に自分の名前を書く場合、名前欄の大きさと、自分の名前の文字数を考え、どの場所に配置するかを想定しま...

幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校など、校長先生は卒業証書に頭を悩ませている事と思います。卒業証書の名入れを筆ペンで書く見本をご紹介します。卒業証書の名入れのプロ筆耕士と言う職業柄、卒業証書シーズンは繁忙期シーズンです。毎年、20校以上1500枚以上は書いています。道具は筆ペンでは無く毛筆を使っています。本来、毛筆で書く事が正式ですが、筆ペンで代用しても問題ないと思います。毛筆の場合は、墨の...

社会生活でお詫び状を書く機会は少なくありません。特に商品やサービスを販売している会社では、お詫び状はつきものです。先日、通信販売を利用した際に、実際に筆ペンで書かれたお詫び状を頂いたので、ご紹介します。通販の商品が…先日、楽天市場でカーマット(車の中に敷くマット)を購入しました。この商品は、発送目安が2〜5日と書いてあったのですが、2週間しても商品は届きません。急いでいたわけではないので、「在庫切...

お経と言ってもたくさんありますが、最もポピュラーな般若心経を写経してみます。お遍路などの巡礼でお寺に納経する場合、ペン字でも構わないと思いますが、やっぱり毛筆で書きたいですよね。でも、毛筆だと敷居が高い…。それであれば、筆ペンで写経しましょう。写経用の紙は書道用品店や画材屋さんで簡単に手に入ります。※だいたい般若心経のお手本が付属しています。筆ペンはぺんてるの極細です。中字でも書けますが、極細の方...

筆ペンでの年賀状の書き方をご紹介します。あくまで書き方の見本なのでお手本にはしないでね。使用した筆ペンはぺんてるの極細筆ペン、使用したハガキは手持ちの適当なハガキです。このハガキは年賀状用としては向いていませんね。サンプルなのでご了承ください。年賀状の書き方年賀状を書く際のポイントですが、書く内容を決めたら、左の行から書いていくのがおすすめです。これは、賞状などの書き方なのですが、理由は汚さない為...