漢字の美文字は練習よりもコツ

漢字の美文字は練習よりもコツ|ペン字講座の比較と選び方

漢字の美文字は練習よりもコツ

漢字を美文字に書くためには、3つのコツを知るだけです。美文字を書くためにはコツが大切で、実は思う程難しくはないのです。難しいか否かであれば、漢字よりも平仮名の方よっぽど難しいのです。それでは、漢字を美しく書くコツをご紹介します。

 

 

中心

 

漢字は中心を意識して書くと美文字になります。上下の中心、左右の中心を常に意識する事でバランスが整います。また、ヘンとツクリそれぞれも中心を意識する事でバランスが取れます。

 

均等

 

均等とは、例えば横隔が並んでいるような場合、感覚を均等に空けると言った意味です。解り易い例で言うと、「日」「田」などは、空間を均等に空けます。これを意識するだけで、漢字は確実に変わります。

 

筆順

 

美しい文字は正しい筆順から始まります。筆順に関しては、重要視する必要が無いと唱える方もいますが、決められた筆順で書かないと、正しい字形は取り辛くなります。一部漢字の行書や草書は当てはまりませんが、楷書を書く場合は、正しい筆順はとても重要なんです。例えば、「右」「有」「希」「飛」「必」「書」の正しい筆順を知っていますか?

 

機の書き方
中心・均等・筆順を意識すると、画数が多い文字もバランスよく書く事ができます。

 

漢字は右上がり…ですが

 

漢字の美文字を書く際に、「右上がりで書きましょう」とよく言われます。確かに楷書は右上がりに書きます。というか、人間が右手で文字を書くと、右上がりになってしまいます。実は人間の構造上、当然の形なのです。

 

しかし、右上がりを極端に意識する事はお勧めできません。右手で普通に書けば右上がりの形になるはずで、自然な右上がりが最も美しいからです。極端に意識すると、間違いなくバランスが崩れます。右上がりは考えずに、書いていて全く右上がりにならない場合のみ、少しだけ意識する程度に留めましょう。

 

画数が少ない方が難しい

 

漢字は画数が多いほどバランスが取れやすく、画数が少ないほど書くのは難しいものです。画数が少ないとたくさんの余白が出ます。横画も縦画も、真っ直ぐ引けているかどうかがハッキリと分かってしまいます。また、文字の大きさを合わせるのも難しく、大きすぎたり、小さすぎたりしてしまいます。漢字は画数が少ない方が難しい事を、頭の隅に入れておきましょう。

 

練習の前にコツ

 

「漢字の美文字は練習が重要!」確かにその通りですが、美文字のコツを知って上での練習と、知らない状態での練習では、上達速度は雲泥の差が出ます。たくさん練習する事はとても大切ですが、たくさんの練習をすることが目的ではないので、まずは正しいコツをペン字通信講座でしっかりと学びましょう。

トップへ戻る