解読困難!読めない程汚い字とは

解読困難!読めない程汚い字とは

解読困難!読めない程汚い字とは

 

文字は自分の意思を伝えるツールです。自分の意思が伝わらない程の汚い字だと、文字としての意味を持たない事になります。では、意思が伝わらないほど汚い字の特徴を考えてみます。

 

  • 文字の大きさがバラバラ
  • 文字の角度がバラバラ
  • 中心が揃っていない
  • 筆順が間違っている

 

文字の大きさがバラバラ

 

文章内の文字の大きさがバラバラだと読みにくくなります。小さかったり、大きかったり、自分の意志でコントロールしていればいいのですが、無意識にそうなっている場合は、汚い字の原因になります。

 

文字の角度がバラバラ

 

1つの文字の中で、横画なら『右上がり、平行、左下がり』、縦画なら『左右へのブレ、垂直、左右へのソリ』等が、やはり自分のコントロール下に無く、無意識にバラついていたら、汚い字の原因になります。

 

中心が揃っていない

 

1つの文章の中心が揃っていない事、1つの文字でも中心に書かれていない場合、汚い字の原因になります。

 

筆順が間違っている

 

筆順が間違っていると、汚い字になる可能性がくなります。漢字も平仮名もカタカナも、筆順はきれいな字形になるように考えられています。筆順に関しては神経質に成る事もありませんが、やはり汚い文字の原因になる事は知っておいた方が良いです。

 

 

逆に考えると・・・

 

文字が汚くなる原因を軽く挙げてみましたが、いかがだったでしょうか?逆に考えると、これらを改善すると文字は綺麗になると言う事です。少なくとも『読めない程汚い字』は解消されるでしょう。

 

お試しください♪

トップへ戻る