きれいな字を書くコツと練習方法

きれいな字を書くコツと練習方法

きれいな字を書くコツと練習方法

きれいな字とはどんな文字を言うのでしょうか?また、きれいな字にはコツがあるのでしょうか?そして、できるだけ短時間で習得できる練習方法があるのでしょうか?

 

 

きれいな字とはどんな字?

 

『きれいな字とは書道家が書くような凄い作品?』と思う人がいますが、これは正解でもあり不正解でもあります。

 

例えば、書道家が書いたアンバランスに崩した(作品全体としてバランスが取れている)創作作品があります。この作品は某書道展で金賞を取りました。そんな作品を、一般の人が素直に見て『きれいな字』に見えますか?というか、そもそも読めますか?

 

書道家の凄い作品は、芸術性としてはとても高いレベルにあっても、『きれいな字』とは別の世界です。そもそも書いている書道家も『きれいな字』を書こうとしているのではなく、書道展も『きれいな字』は望んでいません。(部門にもよる)

 

一般生活で使われる『きれいな字』と書道作品は別物と考えていいと思います。そして、一般的に『きれいな字』とは、『読みやすい字』の事と考えていいと思います。

 

読みやすい字

 

『読みやすい字』とは、文字の大きさが均等で、バランスが取れていて、標準的な字形に近い文字でしょう。標準的に近い文字とは、現在では『教科書体』の事で、小学校の国語の教科書の文字です。

 

※教科書体については、個人的にも色々と思うところはあり、また多方面で賛否が分かれると思います。しかし、実際『教科書体』が標準の文字として認識されているので、ここでは、その流れに倣います。

 

きれいな字のコツ

 

きれいな字のコツは、上記したように『文字の大きさが均等』『バランスがとれている』事です。大きさが均等とは、例えば枠内に字を書いていく場合、枠にきちんと収まっている大きさです。

 

バランスとは、枠内に文字を書いた場合、左右・上下の空間が均等になっていて、更に1文字内の縦画、横画のバランスが均等という事です。

 

練習方法

 

1文字をきれいにするコツとしては、まずは上記2つのポイントを踏まえます。そして、色々な文字で練習していくわけです。

 

きれいな字のコツを意識しながら、幾つかの文字を練習していくと、だんだんと法則が分かってきます。この法則が解ると、初めて見た文字でもきれいに書けるようになってきます。

 

効率的な練習方法は、意識をもって練習する事です。ただ漠然とお手本を見て真似して書く事よりも、5倍も10倍も効率的になります。

 

お試し下さい♪

トップへ戻る