悪い?汚い字の男性・女性の印象とは

悪い?汚い字の男性・女性の印象とは

悪い?汚い字の男性・女性の印象とは

手書きで書かれる文字、男性でも女性でも人それぞれに個性があります。個性の時代などと言われるので、書かれる文字も個性的であっても良いかもしれません。しかし、個性的過ぎて他人が読めないとなると・・・ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。

 

汚文字コンプレックス

 

自分の書く字が汚い人は、2パターンに分かれます。『全く気にしない人』と『気にしている人』です。字が汚いからと言って、死んでしまう訳では無いので、気にしすぎる必要はありませんが、全く気にしないのも問題です。

 

文字は、自分の為の記録の意味意外に、人に伝えると言う目的を持っています。人に伝えると言った意味の場合、汚い字は様々な支障をきたします。読めないほどの汚い字はやはり問題です。読めるにしても汚い字もやはり印象は良くありません。

 

 

汚い字の女性

 

字が汚い事は『悪』ではありません。それも1つの個性です。しかし、どうしても印象は変わってきます。まず、女性ですが、男性よりも顕著です。女性の書く字が汚い事は、男性が汚い字を書くよりも印象を大きく左右します。

 

男女平等社会なので、誤解されそうですが、事実なので仕方がありません。例えば、メイクが上手で、センスの良い服を着て、普段からスポーツを嗜みきれいなプロポーションを保っている女性。この人が書く文字が、読めないほど汚かったら・・・。

 

汚い字の男性

 

女性ほどでは無いにしても、男性に対しても同じことが言えます。インターネット上でも見かけますが、『イケメン俳優の汚文字』が簡単に出てきます。今の時代は、「かわいい、そのギャップが良い」等とも言われますが、それは褒め言葉ではないでしょう。

 

『書は人なり』という言葉がありますが、どうしても、その人が書く文字は、その人自体を表している印象になります。書く文字以外が素晴らしいのに、文字によって印象をダウンさせるのはもったいない事です。

 

 

女性も男性も

 

女性にとっても男性にとっても、汚い文字はデメリットしかありません。汚い文字を改善するだけで、自分の価値を向上する事が可能なので、短期間でも良いのできれいな字を目指す練習をお勧めします。

 

きれいな文字は法則とコツがあります。これさえ知ってしまえば、短期間で劇的に上達するので、是非チャレンジしてみて下さい。

トップへ戻る