汚い字の人がきれいな字を書くコツ

汚い字の人がきれいな字を書くコツ

汚い字の人がきれいな字を書くコツ

字が汚い人が今すぐに改善できる方法をご紹介します。『きれいな字』はある程度の練習が必要ですが、『汚文字』の解消であれば、3つのポイントを知るだけで改善する事が可能です。

 

真っ直ぐに書く

 

まず、文字を真っ直ぐに書く事を心掛けます。よく『楷書は右上がり』と言いますが、あまり意識しすぎないようにしましょう。『やや右上がり』程度に考えてください。

 

縦書き、横書き共に中心を合わせるように書きます。中心がバラバラだと文章は綺麗に見えません。1文字単体でも、複数の文字でも、とにかく中心線を意識して下さい。

 

文字の大きさを合わせる

 

1つの文章は文字の大きさが同じになるように意識してください。『ひらがなは小さく、漢字は大きく』、『画数の多い文字は大きく、画数の少ない文字は小さく』と言われますが、初心者のうちは意識しすぎないようにしてください。

 

汚文字の人の特徴として『偏と旁のバランスが悪い』事が挙げられます。偏と旁を合わせて1文字となるように意識して下さい。例えば、『木』と『木へん』がしっかり区別がつくように意識して下さい。

 

空間の均等に注意する

 

漢字単体で見た場合、最も重要なポイントといして『均等』があります。均等とは、文字の中の空間を均一にする事です。例えば、『日』の分割された2つの空間や、『目』の3分割された空間を均等にします。

 

『機』や『飛』など、画数が多い文字でも言える事で、できるだけ文字内の空間は均等にします。この『均等』を意識するだけで、文字は相当変わってくるはずです。

 

 

以上の3つのポイントを知った上で、通信講座で練習すると、上達速度は早くなります。・・・と言っても、各講座には必ずこのような解説はされています。もちろん、もっと詳しく分かりやすく♪

トップへ戻る