きれいな字の書き方のお手本とは

きれいな字の書き方のお手本とは

きれいな字の書き方のお手本とは

「字がきれいになりたい!」なら、一般的には美文字教室、通信講座、書籍などで学ぶと思います。『学ぶ』の語源は『真似る』と言う説があります。文字を学ぶことはとてもいい例で、効果的に上達する方法は、お手本を『真似る』事です。

 

 

お手本の見方

 

お手本を見た時に、できるだけ素直に真似る事が大切です。自分なりの解釈でアレンジを加えるのは、初心者のうちは避けてください。とにかく形を真似て、自分で再現する事を目指しましょう。

 

お手本を見るポイントは、よく観察する事です。「書き出しの場所」「払いのカーブ」「ハネの角度」「線の長さ」など、お手本を見てシッカリと観察します。そして観察力は練習を重ねるうちに自然と付いてきます。

 

という事は、観察力が付けば上達速度はドンドン早くなると言う事になります。いきなり字が上達する人がいますが、これが理由です。

 

お手本の選択

 

実は、お手本の選択はとても重要です。世の中に無数にある『美文字のお手本』ですが、その全てが優れているとは限りません。中には、美文字とは言えないお手本もあります。

 

インターネット上に公開されているお手本は、本当にきれいな字の場合、美文字とは言えない残念な場合、様々公開されています。やはり本物のきれいなお手本で練習しないと上達できません。お手本の選択には注意が必要です。

 

ある程度のレベルにある人は、お手本の判別はできるでしょう。しかし、初心者の場合、それが綺麗なお手本なのかは判別が難しいと思います。そうであれば、大手通信講座等の信頼できるお手本以外は見ない方が良いかもしれません。

 

 

初心者だから良いお手本

 

「自分は初心者だから、そこそこのお手本で良い」という意見を時々聞きます。これは避けてください。初心者だからこそ、しっかりとしたお手本を見る事をお勧めします。

 

「音楽も絵画も彫刻も、子供や初心者こそ本物を見せるべき」とよく言われます。これは美文字の世界でも同じことが言えます。本当に美しいお手本を選び学ぶことで、まっさらな頭の中に本物のイメージを植え付ける事ができます。

 

最短で効率よく上達させるために、本物のお手本で学んでください♪

トップへ戻る