謝罪の手紙が汚い字の場合の印象

謝罪の手紙が汚い字の場合の印象

謝罪の手紙が汚い字の場合の印象

自営業でもサラリーマンでも『謝罪の手紙』を書くシーンがあるかと思います。「いやいや、そんな事は無い」と思っている人もいるかもしれません。しかし、油断していると『イザ』という時に困ります。

 

 

ホテルでも商社でも百貨店でも会社の大小を問わず『謝罪の手紙』が必要なシーンは少なくありません。事実、某ホテルや百貨店では『謝罪の手紙』のひな形がしっかり準備されています。

 

また、大きなホテルや百貨店は『筆耕室』を持っていて、書道の専門家が勤務しています。『謝罪の手紙』が必要な場合は字を書く専門家が書く訳です。それほど、『謝罪の手紙』は重要視されています。

 

しかし、これは大きな企業の話です。一般的な会社や自営業では『筆耕室』を持つ事はあり得ません。やはり自分で書くしかないのです。(最近では大企業も『筆耕室』が減少して外注が多くなっています。)

 

 

この『謝罪の手紙』ですが、もし自分が貰う立場で考えた場合、汚い字で書かれている手紙、きれいな字で書かれている手紙、どちらが印象が良いかは問う必要も無いでしょう。

 

謝罪文が汚い字で書かれていた場合、下手をすると「バカにしているのか」と火に油を注ぐ危険もあります。では、印刷はどうかというと、手書きよりも誠意を失していると取られる場合があります。

 

難しいですね・・・。

 

美文字を書く事が出来なくても、せめて『汚い字』は避けたいところです。仕事をしている大人であれば、汚い字から普通の字への改善を考えましょう。

 

『謝罪の手紙』に本当に本当に困ったときは、業者に外注するのもアリですね。

トップへ戻る