ペン習字上達は漢字の理解

ペン習字上達は漢字の理解

ペン習字上達は漢字の理解

ボールペン字で日本語の美文字を書くためには、ひらがな・カタカナ・漢字を覚える必要があります。ひらがな・カタカナは、それぞれ50音(現在46文字)と数が少ないので覚えるのも大変ではありません。では、膨大な数の漢字も覚える必要があるのでしょうか?

 

 

漢字は無限に存在する

 

大陸から伝わった漢字は、漢字語圏の共通語となりました。言葉は異なっても漢字の文章なら通じるので、とても便利な文字です。とても便利な漢字ですが、一字一字に意味があるのでその数は膨大です。小学校で覚えるのは1000文字強、一般生活で必要な漢字だけで2000文字と言われています。漢字の総数は2万とも3万とも言われています。・・・すごいですよね。

 

では、一般生活に必要な2000文字の漢字。ボールペン字を学ぶ際には、すべてを覚える必要があるのかというと、決してそんな事はありません。多くの漢字はいくつかのパーツの組み合わせで成り立っています。それぞれのパーツの書き方さえ覚えてしまえば、OKという事です。

 

偏と旁の関係

 

『偏と旁』で成り立っている漢字があります。偏と旁はそれぞれ書き方に決まり事や法則があります。これら決まり事や法則を守って書けば、そこそこの文字は書けます。

 

林の偏と旁

 

例えば『林』と言う漢字は『木』が2つ並んで成り立っています。この2つの『木』は全く異なった形だと言う事を知っていますか?左側の『木』、つまり木偏は、右はらいが点となり、右側を揃えます。

 

小学校低学年の漢字こそ重要

 

漢字は基本的な文字の形さえ覚えてしまえば、あとは応用で対応できます。特に小学校1〜3年生程度の文字を覚えれば十分です。美文字は習得するのが大変!そんな事は決してないのです。

 

まずは、小学校1年生で学ぶ漢字を、「ワクの真ん中に」「間隔を均等に」「横画はやや右上がり」「縦画は真っ直ぐ」これだけを意識して書いてみてください。文字全体のバランスが良くなるかもしれませんよ。

 

小学校低学年の漢字

トップへ戻る