ペン字が汚い人の原因

ペン字が汚い人の原因

ペン字が汚い人の原因

普段書く文字がお世辞にも綺麗と言えず、むしろ汚い字を書く人には原因があります。原因は人それぞれですが、ここでは代表的な原因をご紹介します。

 

 

字が汚くても気にしない

 

そもそも自分の書く文字が綺麗でも汚くても全く気にしなければ、やっぱり文字は上達しませんし、汚くなる可能性が高くなります。

 

「字なんて読めれば良い」と思って気にしない人が多いのですが、やはり文字は最も基本的なコミニュケーションツールです。自分が読めても相手が読めなければ好ましいとは言えません。

 

また、字が読めない程に汚ければ、仕事上で支障を来す可能性もあります。例えば、営業職の場合、契約書の文字が汚ければ、顧客の信頼を一気に失うリスクすらあります。

 

文字の練習が未経験

 

これはかなり大きな原因で、多くの人が当てはまります。字が汚い人は文字を書く練習をやった事が無い人が多いです。

 

小学校の時に習字の授業はありますが、現在はかなり時間が減ってしまいました。また、これは先生にも寄るのですが、習字の授業は実践的ではありません。形だけの習字の授業では文字の上達は難しいでしょう。

 

文字の練習が未経験だと、「どんな文字がきれいな文字なのか?」が分かりません。印刷の文字は様々で、教科書体は真似しても良いのですが、活字体を真似して書いてもきれいな字とは少し違います。

 

 

ボールペン時講座の効果は大!

 

もし、これまで一度も文字の練習をしたことが無い場合、通信講座で少しでも練習すれば一気に上達する可能性があります。

 

また、添削を受けることで、これまで自分が気が付かなかった欠点を指摘されるので、やっぱり上達は早くなります。通信講座を受けたら、添削をしっかり活用してみてください。

トップへ戻る