お手本で変わる?ペン習字の練習効率

お手本で変わる?ペン習字の練習効率

お手本で変わる?ペン習字の練習効率

各ボールペン字講座は、それぞれに洗練されたカリキュラムを持っていますが、それぞれに個性が異なります。どの講座が最も効果的なのか、色々な意見がありますが、基本的にはどの講座でも受講すれば字は上達します。しかも、必ず上達します。ただし、ボールペン字講座を申し込んでも全く練習しなかったら上達しませんけどね♪

 

 

自分と講座の相性

 

きれいな文字は理論です。理論と言うと難しく感じるかもしれませんが、「きれいな文字を簡単に習得する為のルール」だと思ってください。

 

きれいな文字はとてつもない練習量の上に習得できると思っている人が多いのですが、それは書道の話です。一般的に書かれる文字や実用書道の世界では、理論通りに書けばきれいにな字になります。

 

理論を覚える必要はありますが、理論は10個くらいしかないので、1日でも覚えられます。あとは、理論を文字に応用する為に練習します。この練習量は漠然と文字の練習をするより、5倍も10倍も効率的です。

 

練習をする際は、お手本を見ながら行いますが。ここで選択の余地が生まれます。お手本の文字が自分の好みなのか?と言う事です。

 

お手本は全く異なる

 

お手本で変わる?ペン習字の練習効率

 

上の画像は、某テキストを見ながら書いた文字です。Aは淡々と字形を整えた文字、Bは少し大人っぽい雰囲気を出した文字です。雰囲気が大きく変わります。

 

各ボールペン字講座の最も大きな違いはこのようなお手本の違いです。どのお手本が良いのか?悪いのか?判断するのは個々の好みの問題です。

 

折角、お金を出して受講するのであれば、自分の好みのお手本で学びたいところです。好みは直感で良いと思います。それぞれの資料を見比べて選んでください。

トップへ戻る