汚い字ときれいな字

汚い字ときれいな字記事一覧

手書きで書かれる文字、男性でも女性でも人それぞれに個性があります。個性の時代などと言われるので、書かれる文字も個性的であっても良いかもしれません。しかし、個性的過ぎて他人が読めないとなると・・・ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。汚文字コンプレックス自分の書く字が汚い人は、2パターンに分かれます。『全く気にしない人』と『気にしている人』です。字が汚いからと言って、死んでしまう訳では無いので、気...

字が汚い事に対してコンプレックスを持っている人は少なくありません。それは女性でも男性でも同じです。しかし、深刻に考えてるのは女性の方が多いようです。それも仕方が無い事とかもしれません。きれいな字で印象は大きく変わります。美しい人はより美しく、仕事のできる人は更にデキル人に見られるでしょう。手書きの字には『納得』と『ギャップ』という2つのキーワードが浮かび上がります。きれいな字に納得家事も仕事もでき...

「きれいな字を書きたい」と思った場合、まずはじめに思いつくのが『名前』と『住所』かと思います。書く頻度が最も多いのが『名前』と『住所』で、「せめて名前と住所くらいはきれいに書きたい」と思う人は多いと思います。文字を書く技術は消耗品では無いので、一度覚えてしまえば一生モノです。『名前』と『住所』はすぐに覚えてしまいましょう。ここでは、『名前』と『住所』をきれいに書く方法をご紹介します。お手本通信講座...

字が汚い人が今すぐに改善できる方法をご紹介します。『きれいな字』はある程度の練習が必要ですが、『汚文字』の解消であれば、3つのポイントを知るだけで改善する事が可能です。真っ直ぐに書くまず、文字を真っ直ぐに書く事を心掛けます。よく『楷書は右上がり』と言いますが、あまり意識しすぎないようにしましょう。『やや右上がり』程度に考えてください。縦書き、横書き共に中心を合わせるように書きます。中心がバラバラだ...

自営業でもサラリーマンでも『謝罪の手紙』を書くシーンがあるかと思います。「いやいや、そんな事は無い」と思っている人もいるかもしれません。しかし、油断していると『イザ』という時に困ります。ホテルでも商社でも百貨店でも会社の大小を問わず『謝罪の手紙』が必要なシーンは少なくありません。事実、某ホテルや百貨店では『謝罪の手紙』のひな形がしっかり準備されています。また、大きなホテルや百貨店は『筆耕室』を持っ...

「字がきれいになりたい!」なら、一般的には美文字教室、通信講座、書籍などで学ぶと思います。『学ぶ』の語源は『真似る』と言う説があります。文字を学ぶことはとてもいい例で、効果的に上達する方法は、お手本を『真似る』事です。お手本の見方お手本を見た時に、できるだけ素直に真似る事が大切です。自分なりの解釈でアレンジを加えるのは、初心者のうちは避けてください。とにかく形を真似て、自分で再現する事を目指しまし...

きれいな字とはどんな文字を言うのでしょうか?また、きれいな字にはコツがあるのでしょうか?そして、できるだけ短時間で習得できる練習方法があるのでしょうか?きれいな字とはどんな字?『きれいな字とは書道家が書くような凄い作品?』と思う人がいますが、これは正解でもあり不正解でもあります。例えば、書道家が書いたアンバランスに崩した(作品全体としてバランスが取れている)創作作品があります。この作品は某書道展で...

きれいな字を身に付けると言う事は、漢字・ひらがな・カタカナを習得する必要があります。ここでは、『ひらがな』と『カタカナ』をきれいに書く書き方をご紹介します。『ひらがな』と『カタカナ』とは?『ひらがな』と『カタカナ』共に明確な期限は分かっていませんが、平安時代には使われていました。『ひらがな』と『カタカナ』は成り立ちと用途が異なります。『ひらがな』は漢字の草書から成り立ちました。漢字の草書を限りなく...

きれいな字というと漢字を思い浮かべる人が多いですが、実際は日本語で文章を書くと6割〜7割はひらがなです。という事は、ひらがなをきれいに書ければ、文章は6割〜7割が綺麗になると言う事です。まずは『ひらがな』通信講座などを利用してきれいな字を練習する際に、まずはひらがなから始めることをオススメします。もしくは、漢字とひらがなを並行して学ぶこともオススメです。といっても、ほとんどの通信講座や美文字教材は...

解読困難!読めない程汚い字とは文字は自分の意思を伝えるツールです。自分の意思が伝わらない程の汚い字だと、文字としての意味を持たない事になります。では、意思が伝わらないほど汚い字の特徴を考えてみます。文字の大きさがバラバラ文字の角度がバラバラ中心が揃っていない筆順が間違っている文字の大きさがバラバラ文章内の文字の大きさがバラバラだと読みにくくなります。小さかったり、大きかったり、自分の意志でコントロ...

文字は人に自分の意思を伝えるための道具です。汚文字で悩んでいる方は、まず他人が読める字を目指します。きれいな字を目指す方は、更に美しい洗練された文字を目指します。まず丁寧に書く事とは?文字を練習する際に、まずやる事は丁寧に書く事です。お手本を見ながら、ゆっくり丁寧に書く練習をします。ゆっくり書くと線が震えたりしてしまう事もあるかもしれません。しかし、これは練習で克服できます。まずはゆっくり丁寧に書...