解読困難!読めない程汚い字とは

解読困難!読めない程汚い字とは

 

文字は自分の意思を伝えるツールです。自分の意思が伝わらない程の汚い字だと、文字としての意味を持たない事になります。では、意思が伝わらないほど汚い字の特徴を考えてみます。

 

  • 文字の大きさがバラバラ
  • 文字の角度がバラバラ
  • 中心が揃っていない
  • 筆順が間違っている

 

文字の大きさがバラバラ

 

文章内の文字の大きさがバラバラだと読みにくくなります。小さかったり、大きかったり、自分の意志でコントロールしていればいいのですが、無意識にそうなっている場合は、汚い字の原因になります。

 

文字の角度がバラバラ

 

1つの文字の中で、横画なら『右上がり、平行、左下がり』、縦画なら『左右へのブレ、垂直、左右へのソリ』等が、やはり自分のコントロール下に無く、無意識にバラついていたら、汚い字の原因になります。

 

中心が揃っていない

 

1つの文章の中心が揃っていない事、1つの文字でも中心に書かれていない場合、汚い字の原因になります。

 

筆順が間違っている

 

筆順が間違っていると、汚い字になる可能性がくなります。漢字も平仮名もカタカナも、筆順はきれいな字形になるように考えられています。筆順に関しては神経質に成る事もありませんが、やはり汚い文字の原因になる事は知っておいた方が良いです。

 

 

逆に考えると・・・

 

文字が汚くなる原因を軽く挙げてみましたが、いかがだったでしょうか?逆に考えると、これらを改善すると文字は綺麗になると言う事です。少なくとも『読めない程汚い字』は解消されるでしょう。

 

お試しください♪

解読困難!読めない程汚い字とは関連ページ

悪い?汚い字の男性・女性の印象とは
手書きで書かれる文字、男性でも女性でも人それぞれに個性があります。個性の時代などと言われるので、書かれる文字も個性的であっても良いかもしれません。しかし、個性的過ぎて他人が読めないとなると・・・ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。
きれいな字の女性・男性の印象とは
字が汚い事に対してコンプレックスを持っている人は少なくありません。それは女性でも男性でも同じです。しかし、深刻に考えてるのは女性の方が多いようです。それも仕方が無い事とかもしれません。
名前と住所をきれいに書く方法
「きれいな字を書きたい」と思った場合、まずはじめに思いつくのが『名前』と『住所』かと思います。書く頻度が最も多いのが『名前』と『住所』で、「せめて名前と住所くらいはきれいに書きたい」と思う人は多いと思います。
汚い字の人がきれいな字を書くコツ
字が汚い人が今すぐに改善できる方法をご紹介します。『きれいな字』はある程度の練習が必要ですが、『汚文字』の解消であれば、3つのポイントを知るだけで改善する事が可能です。
謝罪の手紙が汚い字の場合の印象
自営業でもサラリーマンでも『謝罪の手紙』を書くシーンがあるかと思います。「いやいや、そんな事は無い」と思っている人もいるかもしれません。しかし、油断していると『イザ』という時に困ります。
きれいな字の書き方のお手本とは
「字がきれいになりたい!」なら、一般的には美文字教室、通信講座、書籍などで学ぶと思います。『学ぶ』の語源は『真似る』と言う説があります。文字を学ぶことはとてもいい例で、効果的に上達する方法は、お手本を『真似る』事です。
きれいな字を書くコツと練習方法
きれいな字とはどんな文字を言うのでしょうか?また、きれいな字にはコツがあるのでしょうか?そして、できるだけ短時間で習得できる練習方法があるのでしょうか?
きれいな字の書き方の違い『ひらがなとカタカナ』
きれいな字を身に付けると言う事は、漢字・ひらがな・カタカナを習得する必要があります。ここでは、『ひらがな』と『カタカナ』をきれいに書く書き方をご紹介します。
きれいな字の書き方の違い『ひらがなと漢字』
きれいな字というと漢字を思い浮かべる人が多いですが、実際は日本語で文章を書くと6割〜7割はひらがなです。という事は、ひらがなをきれいに書ければ、文章は6割〜7割が綺麗になると言う事です。
丁寧で読みやすい字を心がける
文字は人に自分の意思を伝えるための道具です。汚文字で悩んでいる方は、まず他人が読める字を目指します。きれいな字を目指す方は、更に美しい洗練された文字を目指します。