丁寧で読みやすい字を心がける

丁寧で読みやすい字を心がける

 

文字は人に自分の意思を伝えるための道具です。汚文字で悩んでいる方は、まず他人が読める字を目指します。きれいな字を目指す方は、更に美しい洗練された文字を目指します。

 

まず丁寧に書く事とは?

 

文字を練習する際に、まずやる事は丁寧に書く事です。お手本を見ながら、ゆっくり丁寧に書く練習をします。

 

ゆっくり書くと線が震えたりしてしまう事もあるかもしれません。しかし、これは練習で克服できます。まずはゆっくり丁寧に書けば、そこそこの字形で書けるようにしましょう。

 

速く綺麗に書きたい!でしょ。

 

「速く綺麗に書きたい!」きっと多くの人がそう思うでしょう。しかし、物事には順序があります。ゆっくり丁寧に書けるようになったら少しずつ速く書くように心掛けてみてください。きっと速く綺麗に書けるようになります。

 

速く書くとソコソコの文字に見えるけど、ゆっくり書くと上手に書けない人がいます。この場合、それ以上の上達が止まりますので、注意してください。

 

逆に、速く書くと上手く書けないけど、ゆっくり書けば綺麗に書けるなら、伸びしろは大きいと言えます。

 

字形を覚える事

 

通信講座ではお手本が送られてきます。お手本は基礎から始まり、行書、もしくは行書に近い応用編まで、各講座それぞれです。しかし、そんなに量は多くないんですよね。

 

これは、送られてきたお手本をしっかりマスターすれば、他の文字にも応用が効くと言う事なのです。

 

ひらがなは48文字覚える必要がありますが、漢字に関しては100文字も覚えれば、1000文字に応用が効くでしょう。美文字は理論ですからね。

 

いきなり上達する人

 

汚文字コンプレックスを持った大人が、ペン字通信講座をはじめて、一気に上達する事があります。この人は、美文字のコツを掴むのが早いタイプです。

 

頭の中で「難しい」と思いながら練習すると上達は遅いですが、美文字に対して理解しながら進めると上達速度は上がります。

 

是非お試しください。

丁寧で読みやすい字を心がける関連ページ

悪い?汚い字の男性・女性の印象とは
手書きで書かれる文字、男性でも女性でも人それぞれに個性があります。個性の時代などと言われるので、書かれる文字も個性的であっても良いかもしれません。しかし、個性的過ぎて他人が読めないとなると・・・ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。
きれいな字の女性・男性の印象とは
字が汚い事に対してコンプレックスを持っている人は少なくありません。それは女性でも男性でも同じです。しかし、深刻に考えてるのは女性の方が多いようです。それも仕方が無い事とかもしれません。
名前と住所をきれいに書く方法
「きれいな字を書きたい」と思った場合、まずはじめに思いつくのが『名前』と『住所』かと思います。書く頻度が最も多いのが『名前』と『住所』で、「せめて名前と住所くらいはきれいに書きたい」と思う人は多いと思います。
汚い字の人がきれいな字を書くコツ
字が汚い人が今すぐに改善できる方法をご紹介します。『きれいな字』はある程度の練習が必要ですが、『汚文字』の解消であれば、3つのポイントを知るだけで改善する事が可能です。
謝罪の手紙が汚い字の場合の印象
自営業でもサラリーマンでも『謝罪の手紙』を書くシーンがあるかと思います。「いやいや、そんな事は無い」と思っている人もいるかもしれません。しかし、油断していると『イザ』という時に困ります。
きれいな字の書き方のお手本とは
「字がきれいになりたい!」なら、一般的には美文字教室、通信講座、書籍などで学ぶと思います。『学ぶ』の語源は『真似る』と言う説があります。文字を学ぶことはとてもいい例で、効果的に上達する方法は、お手本を『真似る』事です。
きれいな字を書くコツと練習方法
きれいな字とはどんな文字を言うのでしょうか?また、きれいな字にはコツがあるのでしょうか?そして、できるだけ短時間で習得できる練習方法があるのでしょうか?
きれいな字の書き方の違い『ひらがなとカタカナ』
きれいな字を身に付けると言う事は、漢字・ひらがな・カタカナを習得する必要があります。ここでは、『ひらがな』と『カタカナ』をきれいに書く書き方をご紹介します。
きれいな字の書き方の違い『ひらがなと漢字』
きれいな字というと漢字を思い浮かべる人が多いですが、実際は日本語で文章を書くと6割〜7割はひらがなです。という事は、ひらがなをきれいに書ければ、文章は6割〜7割が綺麗になると言う事です。
解読困難!読めない程汚い字とは
文字は自分の意思を伝えるツールです。自分の意思が伝わらない程の汚い字だと、文字としての意味を持たない事になります。では、意思が伝わらないほど汚い字の特徴を考えてみます。