ペン習字お手本と練習方法

ペン習字お手本と練習方法

ペン習字お手本と練習方法

ボールペン字上達のためには、効果的な練習方法があります。ここではペン習字のお手本の見方と練習方法をご紹介します。

 

ペン習字お手本と練習方法

 

効果的な練習方法

 

ペン習字の効果的な練習方法は、お手本を見ながら形を真似して書く事です。これを書道の世界では臨書と言い、形を真似して臨書する事を形臨と言います。

 

練習はたくさん書けば良いと言うものではありません。たくさん書いたとしても、お手本が無く、自由気ままに書いても独りよがりの文字になってしまいます。

 

お手本の見方

 

正しい字形とはどのような形なのかを考えながら、お手本を良く見て、まずは真似して書いてみましょう。

 

お手本の見方

 

お手本を良く見て真似して書く事が、ペン習字の練習としては最も効果的です。更に頭を回転させながら、お手本を見ると、上達速度は加速します。

 

お手本の見方

 

お手本に枠があれば分かりやすいですが、

  • どこから書きだしているのか?
  • どのくらいの長さなのか?
  • どのような角度なのか?

 

これらを常に考えながらお手本を見ると、とても効果です。※『方』の筆順に気を付けましょう。

 

お試しください♪

トップへ戻る