ボールペン字で書く楷書の見本

ボールペン字で書く楷書の見本

ボールペン字で書く楷書の見本

 

お手本と言うか、ボールペン字で書く楷書の見本です。ボールペン字でまず練習するのが楷書で、一般生活で最も多用するのが楷書だと思います。ボールペンで楷書を書くとどのようになるのか?いくつか書いてみました。

 

ボールペン

 

今回使用したボールペンは「ぺんてるの0.7ミリ」のボールペンです。通常のボールペンは0.5ミリなのですが、比べると書き味が全く異なります。0.7ミリのボールペンは表現の幅が広がり、書いていて楽しくなります。ただ、線が太くなる分、小さな文字には向いていないでしょう。

 

ボールペン字で書く楷書の見本

 

ボールペン字の練習

 

ボールペンに限った話しではありませんが、字の練習をする際は「ゆっくり・丁寧に」書く事を心がけます。「ゆっくり・丁寧に」ってイロイロなところで言われる事です。しかし、実は「ゆっくり・丁寧に」書く事ってとても難しい事なんです。

 

点、横線、縦線、右はらい、左はらい、お手本をじっくり観察しながらゆっくり丁寧に書くと、上達にとても効果的です。しかし、むずかしいです。実際に試してみてください。

 

ボールペン字で書く楷書の書き方

 

楷書は美しい

 

一般的に使われる書体と言えば、楷書と行書が挙げられます。草書は、現代では芸術書道の世界でしか見ませんよね。一般的には楷書と行書を中心に練習する事になると思います。この楷書と行書ですが、難易度が高いのは楷書です。楷書は最も基本的で、最も美しく、最も難しい書体なのです。

 

ボールペン字で書く楷書の練習

 

何を書いたらいいのか分からず、訳の分からない文章を書いてしまいました。どんな文であれ、練習すれば誰でも上達します。とにかくボールペンを持って遊んでみる事ですね♪

 

お試しください。

トップへ戻る